南極大陸に古代のピラミッドがあってもおかしくない科学的な理由

 - オカルト

 

あわせて読みたい

pyramid_mangb.5g47i9r1l5wkw080wswk4wkck.3pijv89ld5k4wssogscsg0wo0.th_

©Pole2Pole



南極で近年、ピラミッドのような地形が見つかっています。

科学者たちがこの発見を無視できないだけの理由が南極にはあります。それは古代史を書き換えるかもしれないのです。

 

南極はかつて温暖な大陸だった

pyramids_antarctica-e1438848978549南極は北極と違い、氷の下に大陸があります。南極は地球で5番目に巨大な大陸で、オーストラリアの2倍の面積を持っています。そして、その大陸は遠い昔は今と別の場所にありました。

南極はかつてゴンドワナ大陸の一部であり、現在よりずっと北にあったことが分かっています。4000万年前まで南極大陸は非常に温暖な地域であり、その時期には非常に多くの動植物を育んでいました。

「私達は南極は常に氷床に覆われていると思っていますが、南極が氷の帽子を被ったのは地質学的にはごく最近のことです」と、リーズ大学のジェーン・フランシス博士は言います。

 

遠い過去において、この大陸に住んでいた生き物が、ヨーロッパ、アジアと同じように発達した社会を持っていた可能性はあるのでしょうか。

 

古代の人々はなぜか南極大陸の存在を知っていた?

1912antarctica公式には1820年にロシアの遠征隊が南極大陸を「発見」したとされています。しかし、古代の地図には南半球に「メガラニカ大陸」という巨大な陸地が描かれています。

 

紀元前350年にアリストテレスは南極地域について「メガラニカ大陸」があると記述しています。ギリシャの地理学者、テュロスのマリノスは紀元2世紀の世界地図にメガラニカ大陸を描きました。

 

古代ギリシャの人々は地球が球体であることを知っていたので、北半球と同じだけの大陸が南半球にもなければ釣り合いが取れないと考えました。そうして想像された大陸がメガラニカ大陸です。

仮説上の大陸と考えられていましたが、大航海時代にマゼランはメガラニカ大陸を目指して進路を取り、ニュージーランドを発見しました。

 

 








 関連記事

環水平アークが広い範囲で観測される。なお3.11の時に出ていた彩雲とは似ていない模様

本日5/22、「静岡県の空がすごいことになっている!」というタイトルで環水平アー …

5/30の深発地震は地底人のしわざ? スノーデン氏が地底人の存在をリークしていた!

5月30日に発生した小笠原西沖の深発地震は、地下630kmの超深度が震源だったこ …

フードを被った霊がこっちを見ている?迫害されたカトリック司祭の霊が撮影される!

イギリス・スコットランドの高地にある『Scalan神学校』は、神学校としての役割 …

火星ガニが発見される!NASAの無人探査機が撮影に成功

最近のNASAによる火星の写真に写りこんでいた異様な物体が、この火星ファンの間で …

恐怖!指についたインクの中に浮かび上がる顔

プリンターのトナーを交換したら指にインクがべったり…誰もがそんな経験ありますよね …

ゾンビが発生しても生き残る!ゾンビハザードで使えるライフハック【決定版】

ゾンビは突然やってきます。なんの備えもしていない場合、身近にあるものだけで身を守 …

都内屈指のガチ心霊スポット・白金トンネルに行ってきた!

霊感なんてかけらもないですが、結論から言うとこのトンネルはガチでした。確実になん …

400万人が視聴したポルターガイスト現象の動画

「アイルランドで最も恐ろしい家」なのでしょうか。 アイルランドのアシュリー・マー …

悪魔が写った写真…シドニーの遊園地火災の直前に撮られた写真が恐ろしい

この写真に写っているのは、6歳のダミアンくんと、悪魔のような奇妙な仮装をした男。 …

5/7に広い範囲で地震雲が多数観測される。5.11大地震の前触れか!?

5/7夜に関東の広い範囲で地震雲が観測されました。 箱根の火山活動と関連して、み …

閉じる