「この世界が壮大なシミュレーションだという可能性」宇宙シュミレーション仮説が怖い

 - オカルト , , ,

 

あわせて読みたい

2B18FE2600000578-3185261-image-m-2_1438713875137今は実は2050年で、あなたはスーパーコンピューターがシミュレートした2015年の世界を「体験」しているにすぎない―。
これはバカげたSFの話に聞こえるかもしれませんが、果たしてそれを否定するだけの明確な根拠はあるでしょうか?

一部の科学者たちは、私達のこの世界が偽物の可能性があると主張しています。

 

作家のロバート・ローレンス・クーンは、彼が主催するサークル「Closer to Truth」でこの理論への詳細なレポートを作成しました。

 

科学者たちが「ありえる」と言及

2B18FE1500000578-3185261-image-m-4_1438713913935オックスフォード大学の哲学者ニック・ボストロム博士は、マトリックスのシナリオが現実となっている可能性があると述べます。
「シミュレーターからの感覚刺激が脳に供給されているというより、脳自体がシミュレーションの一部であると考えたほうが現実的です」とボストロム氏は言います。
「それは1つの巨大なコンピュータープログラムが脳のニューロンとシナプスの働きまでを含めて全てのものをシミュレートすることを指しています」

 

MITのコンピューター科学者で「人工知能の父」マービン・ミンスキー博士は、人類がシミュレーションの中に居ることを区別することは非常に困難だとクーンに語りました。

50663

マービン・ミンスキー博士



「プログラマがミスをしていないとすると、見分けるのは非常に困難です。

物理法則の中のいくつかが非常に適切でないと気が付くか、(または)四捨五入エラーを見つけることしか方法はありません」

 

実験をした結果…可能性が高まった!

数年前、ボン大学のサイラス・ビーンも、ミンスキーと同じような主張をしました。「我々はシミュレーションの中で生活をしている兆候がある」と。
ビーン教授は、宇宙のシミュレーションを構築することで実証できるのではないかと考えました。
これは多くの研究者がやろうとしている、ミクロ単位の宇宙を再現することに近いと彼は言います。

このようなシミュレートでは、時間的に進む三次元格子が個別に重ね合わされていなくてはなりません。
ビーン教授と彼の同僚は、格子自体よりも小さいものが存在できないため、「格子の間隔は粒子が持つことができるエネルギーに制限を与える」ことを発見しました。
これを実際の宇宙にあてはめると、「高エネルギー粒子の持つエネルギーを制限する限界が存在しているべき」ということになります。
この現象は宇宙線のエネルギーを制限する「GZK限界」として知られるものによく似ています。
GZK限界は、高エネルギー粒子が宇宙背景放射のマイクロ波と相互作用しエネルギーを失うことから予測され研究されている法則です。

宇宙の背景放射がコンピューターシミュレートにおける「格子」と考えると、この実験結果は実にしっくり来るのではないでしょうか。

 

技術的特異点を乗り越えた文明がいたらありえる

ボストロム博士は、人類がマトリックスのようなシミュレーション世界に住んでいるとは言っていません。
彼は、以下の3つの条件のいずれかが満たされた場合、宇宙シミュレーション仮説は成り立たないと言います。
1.すべての文明は、技術的に成熟する前に絶滅する。
2.すべての技術的に成熟した文明は、シミュレーションの作成に興味を失う。
3.人類は文字通りコンピューターシミュレーションの中で生きている。
彼の説のポイントは、すべての宇宙文明において、全世界のシミュレーションを完成させるか、滅びるかどちらかだということです。

文明の技術が発展していくと「技術的特異点」と呼ばれる状態となります。技術的特異点はこちらの記事で詳しく取り上げています。

技術的特異点を乗り越えた文明がシミュレーションを作成することができれば、それからシミュレートされた世界は急速に増殖していくことになります。

マービン・ミンスキーは、この仮説が示唆する「究極の現実」は不安ではないか?という問いに対して、こう答えています。
「我々がより大きな現実の一部であると知ることは素晴らしいと思いませんか?」

 

参照:SPACE.com dailymail








 関連記事

森に人の肖像画が出現!アメリカの英雄にそっくりだと分かる

自然の森の形が人の形を作っていました。しかもその姿がアメリカの英雄そっくりなので …

9月22~28日に小惑星が地球に衝突して地球が滅亡する!? 今、世界で話題の9月終末説まとめ

写真:PA   陰謀論や終末予言というのは今まで数えきれないほど出てき …

南極大陸に古代のピラミッドがあってもおかしくない科学的な理由

南極で近年、ピラミッドのような地形が見つかっています。 科学者たちがこの発見を無 …

本物の超常現象を捉えた不気味な8枚の写真まとめ

イギリスには数多くの幽霊や妖精の伝承があり、人々はその存在を常に意識しています。 …

悪魔が写った写真…シドニーの遊園地火災の直前に撮られた写真が恐ろしい

この写真に写っているのは、6歳のダミアンくんと、悪魔のような奇妙な仮装をした男。 …

小児病棟をさまよう少女の幽霊がクッキリハッキリ撮影される!

まるで昔の映画のVFXのような透明感です。21歳の病院職員、アンドリューさんは、 …

大災害の前触れか!? 極めて珍しい「オーロラ爆発」が3連続で観測される

撮影:Moyan_Brenn 21日深夜、アラスカ州ブロックス山脈で「オーロラ爆 …

赤ちゃんを抱える母親?有名な火災があった場所で心霊写真が撮られる

豊かな田園風景が広がるイギリス中西部シュロップシャーの町ウェム。 今回はそんなの …

【緊急速報】火星にもピラミッドがあった!超古代文明説の証明まったなし!

準惑星ケレスにピラミッドが見つかるというニュースを先ほどお伝えしたばかりですが、 …

本当に命の危険がある?世界最大のオカルト博物館がガチすぎる件

米国コネチカット州には、世界最大のオカルト博物館があります。そこでは夜な夜な奇妙 …

Comment

  1. かい より:

    いろいろ楽しく読ませてもらってます。

    つまんないことですみません。
    シミュレーション、です。

  2. […] 詳細はこことかこれを読んでみてください。 […]

閉じる