アメリカ版トイレの花子さん「ブラッディ・マリー」は実在していた!

 - オカルト, 心霊スポット, 都市伝説 , , , , , ,

 

あわせて読みたい


desktop-1427225432

写真:Viralnova

 

アメリカにはブラッディ・マリーという都市伝説があります。

今回はそのブラッディ・マリーが住んでいたという曰くつきの家をご紹介します。

 

オハイオ州ランカスターにあるマッドハウスマンションと呼ばれている家に彼女は住んでいました。

この家は1800年代半ばに建てられましたが、建物内で様々な事件が起こってしまい、1920年には売却されてしまいます。

 

オカルト好きの間でこの家の事件が話題になってしまい、事件現場を一目見ようとする為に家に侵入する人たちが後を絶ちませんでした。

現在では、この家の周りにフェンスが設置され、警備員が警備を行っています。

 

そのブラッディ・マリーが住んでいた家とされている建物がこちら。

mudhouse-mansion

写真:Scary Website

 

奴隷に家族が殺されてしまう事件が起こる!

desktop-1427226215

写真:Viralnova

 

この家で起こった有名な事件の一つとして、奴隷に家族が殺されてしまう事件があります。

1865年に南北戦争が終わり、奴隷制が禁止されます。

しかしこの家族は奴隷の使用をやめることはありませんでした。

奴隷達は家族と同じ母屋で暮らしていましたが、奴隷制が禁止される同時に納屋に隔離してしまいます。

この扱いに怒ったそして1人の奴隷はある計画を目論見ます。

その計画は納屋から母屋に繋がるトンネルを掘り、家族を殺して脱走を図るというものでした。

トンネルを掘ること数ヶ月、納屋と母屋をつなぐトンネルが無事開通します。

ある夜に、この計画を実行しました。

翌朝、地元の人々がこの家で起こった惨劇を発見します。

 

この日から建物内で、うなり声や悲鳴が聞こえたり、殺された家族の霊が目撃されるようになったと地元の人々は話しています。

 

ブラッディ・マリー事件

desktop-1427222590

写真:Viralnova

 

もう一つの有名な話はこちら。

こちらがブラッディ・マリーの起源とされている事件です。

 

1892年にこの家に5人家族が引っ越してきたとこが目撃されています。

しかし、この家族を見たのはこれが最後だと隣人は語っています。

 

ある日、隣人はこの家を眺めていたら、2階の窓に白い服を着た女性が立っているのを発見します。

次の日も同じ場所に立っていました。

朝でも夜でも彼女は微動だにせず同じ場所に立っており、流石に何か様子がおかしいと思った隣人は警察に通報して、家の調査を行ってもらいます。

警察官は2階の問題の部屋を開けたら、そこには恐ろしい光景が広がっていました。

 

なんと家族5人全員が、血まみれの白いガウンを着て首を吊って亡くなっていたのです。

窓に立っていたと思われていた女性は、この家族の母親「マリー」だと判明しました。

mudhouse-03

写真:Scary Website

 

何故、この家族が亡くなってしまったのかは諸説あります。

・夫が一家心中をする為に家族を殺した

・マリーは精神病を患っていた

・刑務所の受刑者であったマリーが仮釈放中に一家心中を行った

・奴隷に殺された家族の霊が復讐を行った

 

 

こうした事件が立て続けに起こってしまい、この家に住んだら生きて帰ってこれないと言われています。

家族の遺体が発見された部屋の窓には時々、マリーが今でも目撃されています。

地元の人々からはこの女性の霊をブラッディ・マリーと呼んでいます。

 

こちらがブラッディ・マリーが目撃されている2階の窓。

なぞの光が写っているように見えますが、彼女の魂でしょうか?

 

 

mudhouse-mansion-ghost

写真:Scary Website

 

都市伝説としてのブラッディ・マリー

desktop-1427224790

写真:Viralnova

 

このブラッディ・マリー事件が様々な所で話され、次第に形を変えて都市伝説となっていきます。

今では十代の子供たちの肝試しで呼び出され、マリーさんは全米の中学校のトイレや、自宅のお風呂場の鏡へと出張するはめになっています。

 

ブラッディ・マリーの呼び出し方は、真夜中に真っ暗な部屋の中で鏡の前に立ち、「ブラッディ・マリー」と3回唱えます。

すると鏡に血まみれの服を着た長髪の女性「ブラッディ・マリー」が現れます。

彼女を呼び出してしまった人は、マリーに顔を引っかかれて怪我をしたり、気絶をしたり。最悪、死亡してしまうとも言われています。

 

地域によっては部屋を真っ暗にしてロウソクを灯すとか、鏡の前で3回ぐるぐると回りながら「ブラッディ・マリー」を3回唱えるなどのバリエーションがあります。

 

参照元:ViralnovaScary WebsiteThe Ghost Of Ohio








 関連記事

【2045年問題】Googleの人工知能「DQN」が人類を滅ぼす!? 技術的特異点で起こりうる7つのこと

世界中の若い天才達が集まるメガベンチャー企業Googleの驚異的技術力は、人類を …

この写真に海賊の幽霊が写っているらしい! でも、どこにいるか分かる?

この写真に恐ろしい海賊の幽霊が写っていると、海外メディアが報じています。イギリス …

恐怖!指についたインクの中に浮かび上がる顔

プリンターのトナーを交換したら指にインクがべったり…誰もがそんな経験ありますよね …

日本でもチャーリーチャーリーチャレンジ成功者が続出!でも呪われないように気を付けて!

先日、チャーリーチャーリーチャレンジが海外で大流行していることをお伝えしましたが …

バスの窓に死神のような恐ろしい顔が写り込む

ドバイを旅行していた男性が撮影した写真に死神のようなものが写っていました。 この …

フードを被った霊がこっちを見ている?迫害されたカトリック司祭の霊が撮影される!

イギリス・スコットランドの高地にある『Scalan神学校』は、神学校としての役割 …

バミューダ・トライアングルで行方不明になった90年前の貨物船コトパクシ号が発見される

真偽不明の怪しいニュースが飛び込んで来ました。 バミューダ・トライアングルで90 …

そこはサタンの聖域!?地元でも有名なホラースポットである排水トンネル

オハイオ州の森深くにある、当初排水の為に使用されていたトンネルは、現在ではその本 …

ヒッチハイクする第二次世界大戦の幽霊…。消えるヒッチハイカーの都市伝説

イギリスの田舎道で幽霊ヒッチハイカーが目撃されました。 目撃者によると、幽霊は空 …

鹿狩り用に監視カメラをしかけたら、居るはずのない人が写りこんでしまう
鹿狩り用に監視カメラをしかけたら、居るはずのない人が写りこんでしまう

写真:Paranormal 360   なんでこんなとこに人が・・・ …

Comment

  1. ??? より:

    私の記憶ではブラッティー・メアリーだったのですけど! 別人ですか?

    • おに怖編集部 より:

      コメントありがとうございます。おそらく同一人物かと( ´∀`)

閉じる