胴体があるだけじゃない!モアイのあまり知られていない秘密はまだまだあった!

 - オカルト, ふしぎ, 驚き , , , , , ,

 

あわせて読みたい

Main-Easter-Island-heads1現在話題となっている、「モアイに胴体があった!」というニュースですが、これはオカルト・不思議好きにとっては常識的なことで、いまさら驚くことではありません。

モアイの胴体の調査は以前も行われており、今回は身体に刻まれた謎の模様の調査のために掘り起こされたのでした。

smoai以前の発掘調査の様子。全く同じモアイですね。

実は意外と知られていないモアイの秘密はまだまだあるんです!そんなモアイのミステリアスな事実をまとめてみました。

 

実は、ほとんどのモアイは倒されていた

実は、1704年にイギリスの船が初めてイースター島に到達した時、モアイの半分ほどは倒れていました。1840年頃にはほとんど全てのモアイが倒れてしまっていたと言われています。

実は現在のモアイというのはほぼ全て倒れていたのを立て直したものなんですね。

これはモアイを建てた人々による部族間の争いで、モアイ倒し戦争という戦争が行われたからだと言われています。

今でも立て直されていないモアイが多いため、イースター島では大きめの石を見たらモアイと思えというぐらいにモアイがゴロゴロしています

 

全てのモアイには目があった

我々のイメージするモアイのほとんどは彫りの深い顔をしていて目がありませんが、本来の姿は目があったと言われています。

モアイの目には魔力が宿ると信じられていたため、前述のモアイ倒し戦争の際に倒されると同時に目を破壊されたと考えられています。

目があるとイケメンぶりが増しますよね。

 

一体だけ女性のモアイがある

男性ばかりのモアイですが、実は一体だけ女性のモアイと言われているものがあります。

それがこのモアイなのですが、なるほど…たしかに他のモアイとは明らかに違いますね…。紫芋とか他の何かにも見えますが。

 

正座しているモアイもいる

stukuturiモアイは立っていると思っていませんか? 座っているモアイもいるんです。そしてなぜか礼儀正しい正座をしています。正座をするなんて、日本となんらかの文化的な関わりがあるんですかね?

 

身体には解読不能の模様が刻まれている

sEaster-Island-heads3イースター島の先住民が残したペトログリフは4000種類以上が確認されており、そのほとんどが解明されていません。そして、モアイにはその謎のペトログリフがいっぱい刻まれています。

このペトログリフはロンゴロンゴと呼ばれ、長年解読が試みられていますが、未だ解読されていません。

 

この他にもイースター島には謎がいっぱい!

イースター島がイギリス人に発見された時にはすでに無人島になっていました。そのため、モアイを建てた先住民族がなぜ、どのようにしてモアイを建てたのか、そして彼らはなぜ滅んだのかは全くの謎となっています。

もう島自体がミステリーの固まりのようなものです。そんな不思議なイースター島、一度は行ってみたいものですね。

 

筆者としては、モアイの真の目的はロンゴロンゴを残すことで、モノリス的なものが先にあって、それをモアイにしていったんじゃないのかなぁと思います。ロンゴロンゴが解読されてムー大陸の存在が明らかになったりすると楽しいんですが。

 

参照:mirror

 








 関連記事

ヒェッ…!ゴキブリロボットが実用まで秒読み段階

なにもわざわざゴキブリにしなくても…。 ロシアの大学がゴキブリ型ロボットの開発に …

なぜだか不安になる。乳房雲のある風景写真18枚

ゾワゾワするのはなんでだろう。 空からまんまるの雲がたくさん垂れ下がっている『乳 …

【閲覧注意】ゾンビ豚?蛍光ブルーの肉を持つ野生イノシシが見つかる

※屠殺画像を含むため閲覧注意 これ、本当かなぁ? カリフォルニア州モーガンヒルの …

ハンマー?そんなもの使うやつぁ軟弱者だね。素手で板に釘を打ち込むマッチョマンが現る

釘を打つためにハンマーを使用するのが普通だと思います。 しかし、このウクライナに …

恐怖!指についたインクの中に浮かび上がる顔

プリンターのトナーを交換したら指にインクがべったり…誰もがそんな経験ありますよね …

ビジネス誌『エコノミスト』の表紙が何かを暗示していると話題。みんなで謎解きに挑戦してみよう!

イギリスを代表する政治・経済雑誌『エコノミスト』の『2015年はこうなる』という …

ゴルゴ13の予言!ゴルゴ13が現実の出来事を予見したエピソードベスト5

言わずと知れた日本屈指の長期連載マンガであり、今も多くのファンを魅了してやまない …

【動画あり】マンホールに爆竹を落とした中国のいたずらっこ、マンホールの蓋ごと吹っ飛ぶ

中国・河南省の団地で遊んでいた男児が、いたずらでマンホールの中に火の着いた爆竹を …

UFOの墜落か!? バンコクで空を切り裂く火の玉が観測される

それは白昼の出来事でした。午前8時の混雑した高速道路を走っていたドライバーは、空 …

赤ちゃんを抱える母親?有名な火災があった場所で心霊写真が撮られる

豊かな田園風景が広がるイギリス中西部シュロップシャーの町ウェム。 今回はそんなの …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる