18フィートの超巨大パイソンが捕獲される。大人が5人がかりでやっと持ち上げられる重さ

 - 動物 , , , ,

 

あわせて読みたい
spython-training

©USGS

巨大なパイソンがエバーグレーズ国立公園内で捕獲されました。

 大人5人がかりで、なんとかこのヘビを持ち上げることができる大きさです。

 

アメリカ国内で見つかったヘビとしては、史上2番目の大きさ。

large-burmese-python

2013年に捕獲された史上最大のビルマニシキヘビの画像。体長約5.8メートル

アメリカ国内での発見例としては、史上2番目の大きさとなる巨大なこのヘビは、体長が18フィート3インチ(約5.5メートル)ありました。そして、体重は130ポンド(約59キログラム)。

 エバーグレーズ国立公園のシャークバレーで、7月9日に研究員たちによって発見されたこのニシキヘビについては、人道的に安楽死させられました。

 

 

 

こんな大きなパイソンは珍しいのですから、動物園などで保護することはできなかったのかと思うのですが、アメリカ国内の規定で安楽死が義務付けられている模様です。

 

凶悪な外来種として繁殖している

 

Female_Python_sebae_brooding_eggs_Tropicario,_FINビルマニシキヘビは、南アジアから東南アジアにかけての森林や水辺に生息しています。つまり、あらゆる場所に適応します。

 

彼らのほとんどは夜行性で、メスは一度に最高36個の卵を産みます。驚くほどの繁殖力と獰猛な食欲でアメリカ固有の生態系への影響が懸念されています。

こんなのが日本にも入ってきたらえらいことなので、駆除してしまうのは当然なのかもしれません。

 

参照:mirror

 関連記事

トビリシの洪水で動物園の猛獣が街中に脱走中。現地の写真まとめ

ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシで、14日の深夜に大規模な洪水が発生し、動 …

離陸寸前の飛行機にある生き物が大量発生!機内が大パニックに!

写真:EAST2WEST   悪天候やバードストライクなどで飛行機が遅 …

【閲覧注意】これ全部イカかよ!イカが多すぎてキモい!集魚灯の威力がヤバイ

イカが集まりすぎて辺り一面イカの海になっちゃってます。 イカは光に集まる習性があ …

凍死寸前の赤ちゃんヤギをオーブンで温めたら息を吹き返す!
凍死寸前の赤ちゃんヤギをオーブンで温めたら息を吹き返す!

撮影者:Dayton オハイオ州で凍死寸前の赤ちゃんヤギが奇跡の生還をしました。 …

【動画】巨大パイソンが巨大コウモリを捕食している映像が公開される!

写真:Dailymail   思わずなんだこれはと言いたくなる映像が、 …

ビクトリア朝時代のイギリスの剥製アートがちょっと不気味でとても可愛い
ビクトリア朝時代のイギリスの剥製アートがちょっと不気味でとても可愛い

不気味さと可愛さ ビクトリア朝時代に活躍していたHermann Ploucque …

ヘビが食べたものはどうなるの?ワニが消化されていくレントゲン写真が撮影される!

写真:WENN   ワニを飲み込んでることにも驚きを隠せませんが、あの …

生意気なイルカがスマートフォンを盗もうとする事案が発生

貪欲なイルカがスマートフォンを奪おうとする瞬間が撮影されました。 南オーストラリ …

アラスカ湾でクジラの謎の死が相次ぐ。5月以降で30頭、従来の10倍のペース

  アラスカ湾でクジラの原因不明の死が相次いでおり、研究者が死の原因を …

毒ウミヘビとオニダルマオコゼの死闘が繰り広げられる

海の危険生物の中でも横綱クラスに危険なウミヘビとオニダルマオコゼが戦ったようです …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる