18フィートの超巨大パイソンが捕獲される。大人が5人がかりでやっと持ち上げられる重さ

 - 動物 , , , ,

 

あわせて読みたい



spython-training

©USGS



巨大なパイソンがエバーグレーズ国立公園内で捕獲されました。

 大人5人がかりで、なんとかこのヘビを持ち上げることができる大きさです。

 

アメリカ国内で見つかったヘビとしては、史上2番目の大きさ。

large-burmese-python

2013年に捕獲された史上最大のビルマニシキヘビの画像。体長約5.8メートル



アメリカ国内での発見例としては、史上2番目の大きさとなる巨大なこのヘビは、体長が18フィート3インチ(約5.5メートル)ありました。そして、体重は130ポンド(約59キログラム)。

 エバーグレーズ国立公園のシャークバレーで、7月9日に研究員たちによって発見されたこのニシキヘビについては、人道的に安楽死させられました。

 

 

 

こんな大きなパイソンは珍しいのですから、動物園などで保護することはできなかったのかと思うのですが、アメリカ国内の規定で安楽死が義務付けられている模様です。

 

凶悪な外来種として繁殖している

 

Female_Python_sebae_brooding_eggs_Tropicario,_FINビルマニシキヘビは、南アジアから東南アジアにかけての森林や水辺に生息しています。つまり、あらゆる場所に適応します。

 

彼らのほとんどは夜行性で、メスは一度に最高36個の卵を産みます。驚くほどの繁殖力と獰猛な食欲でアメリカ固有の生態系への影響が懸念されています。

こんなのが日本にも入ってきたらえらいことなので、駆除してしまうのは当然なのかもしれません。

 

参照:mirror








 関連記事

サイをタクシー代わりに使う野生のネコが発見される!

アフリカに生息するジャコウネコ科の生き物、ジェネットがサイに乗って移動している姿 …

【タコすごい】タコのカモフラージュ能力の高さがよく分かる30秒

食べても美味しいしタコすごい。   タコやイカは周囲に合わせて体表の色 …

密かに繰り広げられるクマさんたちの秘密のダンスパーティーが撮影される!

森のクマさんたちを魅了してやまない一本の木…そこで日夜繰り広げられる秘密のパーテ …

【ゴリラ凄い】 あらぶったゴリラの本気のタックルをご覧下さい

ある動物園で起こった出来事があまりに衝撃的過ぎて話題になっています。 こんな事が …

【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集
【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集

色々おかしい。 全体的に目が残念な事になってますね。 フォルムに関しては言わずも …

人と動物を組み合わせたらあかん感じになってしまった

勝てる要素が全く見当たらない。 イタリアはヴェネツィア在住のアーティスト”Fra …

剥製と自撮りを組み合わせたらアートに
最近の自撮り文化に対抗してみたら、まるでおとぎ話の様な世界に

ああ・・・素敵過ぎる。 ベルギー在住のアーティストデュオ”mothmeister …

マジか!ツチノコに擬態する虫が発見される!

  トリニダード・トバゴ共和国でツチノコに擬態する虫が発見されたという …

怪獣の様な脚をしたベトナムの幻の鶏「ドンタオ鶏」

写真:odditycentral   なんだこの鶏の脚は・・・まるでゴ …

松ぼっくりのような鱗を持つ動物「センザンコウ」にまつわる10のこと

写真:iStock   松ぼっくりのような鱗を持つ「センザンコウ」とい …

閉じる