ロシアのツングースカで起こった謎の大爆発

 - 自然

 

あわせて読みたい

1908年6月30日7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流(現 ロシア連邦クラスノヤルスク地方)の上空で大爆発が起こった。

落下した隕石が大気中で爆発したために、強烈な空振が発生し半径約30-50kmにわたって森林が炎上し、約2,150平方キロメートルの範囲の樹木がなぎ倒された。


爆発によって生じたキノコ雲は数百km離れた場所からも目撃された。

爆発から数夜に渡ってアジアおよびヨーロッパにおいても夜空は明るく輝き、ロンドンでは真夜中に人工灯火なしに新聞を読めるほどであった。

地面の破壊規模から見て爆発した「物体」の大きさは当初3mから70mと推定された。

近くに村落がなかったため、死者は報告されていない。

大爆発の原因


ツングースカの大爆発の原因は、巨大隕石の爆発とされている。

1946年にはロシアのSF作家アレクサンドル・カザンツェフ(英語版)が「爆発は地球に墜落した異星人の宇宙船に積まれた核爆弾によるものである」という内容の小説「爆発」を発表したが、
調査により、残留放射性物質が検出されないことから、この説は否定された。

その他、彗星・小惑星爆発説、ガス噴出説などもあったが、近年の研究によりいずれも否定されている。

さまざまな憶測が出た原因


近くに村落がなかったため、死者は報告されていなかったため、早急な調査が行われなかった。

爆発が起こったのは、第一次世界大戦やロシア革命の数年前、かつ日露戦争を終えて間もなくという時期だったこともあり、現地調査はしばらく行われなかった。

初めての現地調査が行われたのは爆発から13年後の、ソビエト連邦成立後の1921年のことだった。








 関連記事

ヒョウモンダコ
海に行くなら要注意!日本近海にいる毒を持った海の生き物

もうすぐやってくる夏には海に行く方も多いでしょうが、海には危険な生き物がいっぱい …

リアルマインクラフト!手ぶらでジャングルに家を作る男性がすさまじい

我々オカルティストたちは度重なる終末予言に常に脅かされているために、サバイバル技 …

松ぼっくりのような鱗を持つ動物「センザンコウ」にまつわる10のこと

写真:iStock   松ぼっくりのような鱗を持つ「センザンコウ」とい …

幾度もの地震に耐えたカリフォルニアのバランスロックの謎が解明!

カリフォルニア州、サンアンドレアスとサンジャシントの近くにある、積み重ねられた岩 …

人の心臓かと思ったらアメフラシだった!?ジャンボアメフラシが海岸で発見される!

  東サンフランシスコ湾に来ていた海水浴客が、海岸に人の心臓が落ちてい …

うわっ食べられる!ご安心下さい。沈没した空母です

グロテスクな巨大魚がいまにもダイバーを食べようとしている! そんな風に見えますが …

アラスカ湾でクジラの謎の死が相次ぐ。5月以降で30頭、従来の10倍のペース

  アラスカ湾でクジラの原因不明の死が相次いでおり、研究者が死の原因を …

一体どうなっているの?ありえない角度で積み上げられた石が出現

写真:Mikael Buck   マン島TTレースで知られる小さな島マ …

なぜだか不安になる。乳房雲のある風景写真18枚

ゾワゾワするのはなんでだろう。 空からまんまるの雲がたくさん垂れ下がっている『乳 …

【地球ヤバイ】北海道で季節外れの積雪。スコットランドでも雪が降っていた!

なんだか今日は肌寒いですね。冷え込む日本列島ですが、今日は北海道の山沿いで季節外 …

閉じる